[id] 17423 [artist] HEIKE HAS THE GIGGLES
[title] CROWD SURFING

蔓延するローファイインディロックに喝!!新たなるロックプリンセス誕生!紅一点、超キュートなVo/Gt Emanuela率いるイタリアの3ピースバンド!パンキッシュにポップに炸裂する痛快ギターロックサウンド!!

2007年にイタリアのSOLAROLOにて結成された3ピースバンド!2010年に1stアルバム"Sh!"をリリース。まるでPJ HARVEYがARCTIC MONKEYSで歌っているようだと例えられ大注目バンドへと!そして2012年リリースの待望の2ndアルバム"CROWD SURFING"で日本デビュー!これまでに200回を超えるライブをこなしておりGOSSIP、THE KILLS、ARCTIC MONKEYS、FUCKED UP、KASABIAN、WHITE LIES、THE WOMBATS、GLASVEGAS、TRICKY、CEREBRAL BALLZY、AGAINST ME!等と言った幅広いジャンルの人気アーティストとステージを共にし、ヨーロッパの様々なフェスティバル出演を果たす等、積極的なライブ活動でファンを獲得中!MatteoとGuidoと言う男性2人によるタイトなリズム隊と、切れまくりのシャープなギターワークをこなしながらの確かなメロディセンス、歌唱力で楽曲を作り上げる紅一点Emanuelaの才能により作り上げられた楽曲の数々は、00年代THE STROKES以降のギターロックセンスを土台に置きつつも、ガレージやパンクの熱量、要素も巧みに取り込んだアグレッシブでパンキッシュ、そして絶対的にキャッチーなHEIKE HAS THE GIGGLESならではのサウンドを産んでいます!とにかくパンチ力と言うか、アタックの強い畳み掛けまくる突進力のある楽曲のオンパレードは痛快そのものでTHE HIVES x ARCTIC MONKEYS(初期の!)と例えたくなる感じ!そしてEmanuela嬢の絶対的にキュートなルックスと声はAvril LavigneやPARAMOREのHayleyなんかと同等の注目を集めてもおかしくない!頭から前のめりまくりに疾走しまくる豪快なパンキッシュチューン"I WISH I WAS COOL"と"DEAR FEAR"の立て続け2曲でKO必至!ビデオクリップも作られたメランコリックなメロディにキュンとさせられる"BREAKFAST"、一息ついた所でまた加速ギアがいきなりフルな"M.GONDRY"とアルバムタイトルトラックでもあるエッジの効いた"CROWD SURFING"、バーストし過ぎの四つ打ちディスコチューン"REPETITIVE PARTS"等、とにかく突っ走る豪快痛快爽快に駆け抜ける11曲のロックチューンの数々は様々なロックファンのハートを鷲掴みにする事でしょう!!

[label] FLAKE SOUNDS
[type] JPN
[format] CD
[condition] NEW / NEW
[price] 1,944
数量×
[tracklist]
  1. I Wish I Was Cool
  2. Dear Fear
  3. Breakfast
  4. M. Gondry
  5. Crowd Surfing
  6. Next Time
  7. Repetitive Parts
  8. Time Waster
  9. Blabla
  10. We All
  11. I Don't Know

※ 表示される動画及び音源は商品の内容を保証するものではありません。