[id] 20123 [artist] ROYALTIES, THE
[title] THE LAST ROYALTIES

ノルウェーの至高バンド4thアルバム!ロッキンでサイケなグルーヴ倍増で骨太になったサウンドに北欧、彼等ならではのポップ出マジカルなメロディが融合した大興奮の進化アルバム!!中盤から後半にかけての盛り上がりは最高です!!

あ来日公演でRiddim Saunter、カジヒデキ、Turntable Films等と共演。ソレをきっかけにその後Riddim Saunterがノルウェーの彼等のスタジオでアルバムをレコーディングするなど日本でもすっかりお馴染みのノルウェーポップの至高バンドTHE ROYALTIESのNEWアルバムが遂に完成!コレまでの3枚のアルバムでジワジワと変化が見てとれたソフトロック/チェンバーポップからロック化への進化が大爆発!ここに来て一気に振り切れたグルーヴと雄大なサイケ感を新たな武器に加えつつ、元来の彼等らしい絶品のハーモニーやメロディが融合した大興奮のアルバムに仕上がりました!!近年のロックシーンのトレンドとも言える土着的でサイケな要素ですがTHE ROYALTIESらしい洗練されたセンスをミックスする事によって、欧米のソレとはまた違う魅力で鳴り響いています。インストから幕を開け、これまでの彼等史上最もポップとも言える弾けつつダンサブルなモータウンポップナンバーで締める流れも絶品の素晴しき大傑作!日本盤オリジナルジャケットのイラストをexRiddim Saunter、現KONCOSの古川太一が手がけ、exRiddim Saunter、Keishi Tanakaがライナーノートを担当すると言う友情にもご注目下さい。

[label] FLAKE SOUNDS
[type] JPN
[format] CD
[condition] NEW / NEW
[price] 2,262
数量×
[tracklist]
  1. Jämtländsk Brudmarsch
  2. Lowlands
  3. Boomerang
  4. Here To Let You Know
  5. Square Jaw
  6. Ten Feet
  7. DUDUDUDU
  8. The End

※ 表示される動画及び音源は商品の内容を保証するものではありません。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
WOW!WOW!これは最高に面白い! モダーン且つ60'sのスパイ映画のテーマ曲のようなイントロを経て、まるでこれは60年代末から 70年代前半のTHE WHOやPINK FLOYDといったUKのロックバンドをモチーフにしたロック・オペラ なのか?!とでも言わんばかりの、サイケデリックなオルガンをフィーチャーした熱い ロック・サウンドが続く。「ロイヤリティーズも大分雰囲気が変わったんだな」と思っていると電光石火、7曲目に飛び出すストロークスにも絶対に負けない軽快で超スウィートなモータウン風のグレートソング「DUDUDUDU」!まるで映画のエンドロールかのように鳴り響くそのゴキゲンな曲を聴きながら、先に書いた「ロックオペラ」のイメージが勝手に浮かび大笑い!なんて粋な人達だ。しかもその曲のコード進行の面白さとポップさは、かつてのレイワンダーをも彷彿させ、もう大興奮!深みのある茶葉の紅茶を午後の陽射しを浴びながら、ゆっくり楽しんでいるような心地良さ。北欧恐るべし!!!
カジヒデキ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
アルバムを聴いた第一印象は、こんなバンドだったっけ。 7インチで出てたMari Persen の ”Sweetheart”のイメージが強かったからなのか。 ライブで見た時のイメージなのか、とにかくすごいバンドになったなぁという。 それで何度か聴いていろいろ考えたのですが、 僕が大好きなMatthew Sweetの"Come To California"がサイケデリックで塩漬けされたような。でもポップだし。。 とにかく、ちゃんと曲が書けるという印象はそのままに、 バンド感が増して、ディープなところに足を突っ込んで、かき混ぜて出来たような作品。 もう何が言いたいかよくわかんないけど、5曲目から最後までの流れが最高!
井上 陽介(Turntable Films/Subtle Control)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「ベルゲンに行きたくなるハーモニー。」
古川太一(KONCOS)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「やっぱりロイヤリティーズが好き。」
佐藤寛(KONCOS)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
前作とはうって変わっての大人なロック色が強めのアルバム! 初めてこの音源を聴いたら、別のバンドでも始めたのかと思ったくらい渋めで王道ギターサウンドな気もしますが、 やはり、ROYALTIESならではのとても知的で美しいメロディーラインは健在で、その融合がとても面白いと思いました。 初めての試みと思われるインストは、聴いてるうちに徐々に心地よくヒートアップしていて、耳を凝らして聴き込むのも楽しいし、読書や作業しながらBGMとして流してみて、ときどき心奪われてトリップしちゃうのも良い。一曲一曲に世界観があり、全体を通して何度でもリピートにして聴いてしまう中毒性があり、部屋のオーディオの一番近い場所にある、聴きたい時いつでもすぐ聴けるコーナー行き決定です。個人的には、ベルゲンのトミーのスタジオで鳴らしたドラムやベース、ギターの生々しさと、かつて雑魚寝した部屋の絨毯と、その部屋の窓から見えるベルゲンの景色、奥の部屋でお湯わかして淹れたインスタントコーヒーのほろ苦い香りを思い出しながら、若かりし郷愁の念と共に聴いてます。
浜田将充(QUATTRO/CIRCLE DARKO)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
普遍なロック、アカデミックなコードの響き、ネオアコなキラキラ、モッドな気分、お茶目なエンディング、 それらが詰まってて、かつメロディラインがそれををまとめあげているアルバム! 何も考えず聴けるし、単純に気持ちが良い!M7 DUDUDUDU 好き!  
  TGMX(FRONTIER BACKYARD)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
アメリカ寄りのロックサウンドがベースなんだけど、やっぱりどこか北欧のテイストがある。 そういう隠しきれない土地の匂いがする音楽が好きなので、聴いていてニヤリとしました。
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)